相続

1 相続の基礎知識

(1) 被相続人と相続人
被相続人…遺産を遺して亡くなった人
相続人…亡くなった人から遺産を受け継ぐ人

(2) 誰が相続人になるのでしょうか?
常に相続人になる→配偶者(夫・妻)
前の順位の相続人がいない場合に相続人になる
第1順位:子 / 子が既に死亡等している場合,孫(*)
第2順位:直系尊属(親・祖父母)
第3順位:兄弟姉妹
兄弟姉妹が既に死亡等している場合,甥・姪(*)

*代襲相続
子の代襲相続の場合,孫,ひ孫・・と下がっていく。
兄弟姉妹の代襲相続の場合,甥・姪の一代限り。

(3) それぞれが相続できる割合(相続分)は?
相続人が配偶者と子の場合    …配偶者1/2,子1/2
相続人が配偶者と親の場合    …配偶者2/3,親1/3
相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合 …配偶者3/4,兄弟姉妹1/4
(同じ順位の子,親,兄弟姉妹が複数いる場合には,その相続分を頭割り。
代襲相続者は,上の代の相続分を引き継ぐ。)

・・その他,「特別受益」「寄与分」等,相続分に影響を与える要素があります。

2 相続が発生したら

相続が発生した場合,相続人の選択肢としては,次の3つとなります。
①承認=相続を受ける。
→相続人が複数いる場合,遺産分割手続に移ります(→3へ)。
②放棄=相続を受けない。
初めから相続人ではなかったことになり,プラス・マイナスいずれの遺産も相続できなくなります。
家庭裁判所での相続放棄手続きが必要です。
原則,相続の開始を知ったときから3ヶ月以内
③限定承認=相続財産の範囲内で,遺産に含まれる負債の責任を負うという限定的な相続の承認。
→相続人全員で行う家庭裁判所での限定承認手続きが必要です。
原則,相続開始を知ったときから3ヶ月以内

・・②,③には,その他にも注意すべき事項がいくつかあります。

3 遺産分割手続

遺産分割手続の流れ(イメージ)は,次のようになります。
①相続人の調査
被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍等を取り寄せ,誰が相続人になるのか調査する。
②遺産の調査
被相続人が遺した財産(遺産)として,何がどのくらいあるのか調査する。
③遺言書(→4へ)の存否の確認
被相続人が遺言書を遺していないか確認する。

④遺産分割協議
相続人全員で,遺産の分け方について話し合う。
話し合いがまとまらなければ・・
家庭裁判所で調停

家庭裁判所で審判or地方裁判所で裁判

合意の成立or裁判所の判断により,遺産分割成立

4 遺言書

被相続人の最後の意思表示を遺した書面。
遺言書の方式には,いくつかの種類がありますが,主なものは次の二つ。
①自筆証書遺言
遺言の全文,日付,氏名を自筆で書き,捺印をしたもの。
→亡くなった後,家庭裁判所での検認手続が必要。
②公正証書遺言
公証役場で作成してもらう,公正証書による遺言。

5 最後に

相続には,相続分,遺産分割協議,遺言書,遺留分・・等,様々な問題が登場し,ケースによって悩みも色々です。
まずは,弁護士に相談し,問題の整理から取り組んでみてはいかがでしょうか。

→ 相談申込みはこちら